スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

そして旅は続く

2007/05/22 Tue 16:26

実は、

まだ終わっていなかったのです。


福井ツアー・・・




さていよいよ最後ですよ。


パッド屋さんのあとは生地屋さんへ。
セル生地の保管場所を覗かせていただきました!

こちらはマツケリも扱っているところ。
もちろん洗面器(前のブログ参照)ではなく、ちゃんとした一枚の生地ですよ♪


およそ畳1枚の大きさの生地がびっっっしりと。

すごい重そう・・・
実際重いです・・・

モノによって厚さも違い、4ミリだと主にモダン、5ミリ以上だとフロントもOKなのだそう。



勝手に棚をあさる我々。

生地漁り



ソリッドブルーのオリジナル生地も発見!
ソリッドのモダンはこの生地を使っているのです。

SB生地




調子に乗って、企業秘密コーナーまで入ってしまい、担当の方に追い出されました・・・。


本当にすみません・・・(--;)
また来てもいいですか・・・?





その後はかの有名なCloverさんへ。
こちらは特に見学したかった工場です。

ソリッドブルーとのコラボで作ってもらった限定モデルの精巧さは驚きき!
エッジのシャープさといい、丁番のスムーズさといい、文句をつけるところが全く無い、見事なものでした。


Cloverさんのすごいところは、

ディレクターのキャラクター。

ではなく、

製造の全工程をすべて自社内でまかなっているところ。


です。
・・・。



型はもちろん、メタルでもプラでも自社で切り出し、バフやらガラやらこなして一枚のフレームを仕上げてしまうのです。


このツアーで見てきたことをすべて再現してくれるので、いわば総まとめ?


こちらでは、
完璧を求め、ちょっとのキズも許さないのだそう。

実際、キズ有りではじかれたパーツを見せてもらいましたが、私にはほとんど見えませんでした・・・。

バフも組み立ててからかけるのが普通ですが、こちらは磨き残しの出ないよう、パーツの段階でひとつひとつかけるのだそう。



説明ひとつひとつが驚きと感嘆の連続で、
「へぇ~」「ほぉ~」
という、マヌケなコメントしかできない私。


いや、ほんとにすごかったです。
こんな感想ですみません・・・


そしてこれが、精巧さの証。
継ぎ目、見えません・・・
すごい!!





Clover

Clover2






そんなわけで、ツアーも無事終了。
とても実のある体験ができました。

工場のみなさんどうもありがとうございました!
(また、行ってもいいですか?)


スポンサーサイト
工場ツアー | コメント(0) | トラックバック(0)
しばらく空いてしましました。



工場ツアー2日目の後半は・・・

まずは腹ごしらえ。


デザイナーKゆかりの中華ソバ屋で中華ソバです。
「大盛り」サイズの中華ソバを平らげる営業M。

それ、高校生サイズですよ・・・。


さらにこのお店、ソフトクリームが名物で「ズームイン」にも取り上げられたそう。

このソフトクリーム、何がすごいってその量!
写真は半分に切ってしまったものですが、出てくるときにはこれ繋がってます。

Softcream 2



高さおよそ30cm。
デカイ!!

そしてなんとお値段100円
安い!!

甘すぎずさっぱりで食べやすかったです。



半分は営業Mがペロリと一口で。

あの大盛りソバの後にこれも平らげてしまうあたり、ただデカイだけではないですね。





がっつり食べて次のパーツやさんへ。

ここで重要な発表です。


『HUSKY NOISE』のパッドが変わります!

パチパチ~♪


従来はシルクの成分を混ぜ込んだ、『ピュアセリシンパッド』で、肌への負担を軽減していました。
ただでさえお化粧や紫外線で負担の多い女性の肌に、これは嬉しいですよね。

ただ本体自体はアセテートなので、お肌の敏感の方はまれに肌荒れを起こしてしまう可能性もありました。

そこで新たに、トウモロコシの成分から作った植物性プラスチックを採用することに即決いたしました!



もちろんシルク成分も混ぜた、オリジナルの「ピュアセリシンコーンパッド」です。


これを開発してくださったパッド工場「田中製作所」の社長も肌が弱いので、自分で納得できる製品を作りたいとお考えとのこと。

また、肌に優しい上、植物由来で環境にも配慮しているのでどんどん紹介していきたい、と情熱的にお話されているのが印象的でした。


で、イメージキャラクターの『コーン君』(←勝手に命名) と社長の2ショット、頂きました!

Corn Pads



登場は秋のコレクションからかな。
楽しみです♪
工場ツアー | コメント(1) | トラックバック(0)

ツアー2日目

2007/05/02 Wed 15:38

ツアー2日目は、寝不足と二日酔いとの戦いです。
(あれ、私だけ・・・?)

いえ、そんなに飲んでないから大丈夫。


1件目はS-79で、迫力の630tチタンプレスを見せてくれたメタル工場。
さすが大工場、大小の機械が立ち並び、コンピューターで設計図から型作りを、さらにプレスで成型していくのですがやはりすべて理解するのは難しかったです・・・。

とてもご丁寧に説明していただいたのにスミマセン、とほほ・・・(涙)

そんな私でも、プレス機は両手で同時にボタンを押さないと動かない、というのには感心。
片手じゃ、間違って反対の手をプレスしちゃうかもしれませんものね・・・。



その後はレンズやさんへ。
サングラスのレンズでお世話になっているところです。


製造自体は大阪とのことで残念ながら、流れは見られませんでした。

でもガラスレンズを切る機械は全国でも数社にしか置いていないらしく、その1台がこちらにありました。

わざわざ実演していただきましたが、えらく水が飛び散る機械で、周囲には、手作りと思しきガムテープの壁が。
さすが創意工夫です。


もう30年以上の年代モノとのことで、気合の入りようお分かりいただけますでしょうか。

Glass Lens





さて、お次は・・・
色々やってくださる伊藤眼鏡さんです。
すみません、こんな紹介で(--)


こちらの部長の「海」話は恐れ入りました。
戦利品話また聞かせてください・・・


勝手に応接室の棚をあさるとこんなレアフレーム発見です!
いったいいつの代物でしょうか。
Janome?ミシンの?

写真では分かりにくいですが、飾り細工や細部の作り本当に精巧
で感動です。


「今ではもうこういうのは作れんのやなぁ」
というデKの言葉も印象的でした。

OLD FRAMES



そして、池田という地区にあるパーツやさんへ。
鯖江からどんどん山の中へ向かいます。



ん~空気がおいしい!

FUKUI YAMA



こちらは昔から家内工業で眼鏡のパーツ作りをしていらっしゃるところ。
オーダーが入ってから生産に入るのではなく、先に何百種類というパーツを作って、必要なものをどうぞ、というスタンスらしいです。
いわばパーツのスーパー?

昔はこういうところも多かったのでしょうが、今はどうなのでしょうね。ちょっとノスタルジックな気分です。


展示室内もとてもゆ~ったりした空気が流れていました。



PARTS SHOP

工場ツアー | コメント(0) | トラックバック(0)

メッキ屋さん訪問

2007/04/27 Fri 16:00

さて、メッキ屋さんへやってきました。
SOLID BLUEもHUSKY NOISEも色付けはほとんどこちらでやってもらっています。

洗濯機のような樽がいくつも並んでいる工場内を見学。
とても丁寧にご案内していただきましたが、やはり化学用語はむつかしいです・・・(--)


そんな中、我ら一同が特に興味を示したのは「金メッキ」のコーナー。
実際に金がドロドロに溶けて入っているのではなくて、金のほかに様々な薬剤が入っていて、液体の見た目は全然金色ではありません。

「中に金が入ってるんですか?」

「この樽一つでいくらなんですか??」

「このこぼれている液体も金ですか?!!」

「・・・・!!??」

かなり食い付くネタでした・・・。


まぁ、昔は持って帰って売ってしまったりした人がいた(らしい)、と工場の方もおっしゃていました。
今は厳重管理の下、扱われているそうです。


金メッキ




そして、驚きの「手作業マスキング」&「手作業七宝付け」!!


リムの一部分にのみ色を付けたいときに施すマスキング。

これ、人の手で一枚一枚塗っているんですよ~q(>o<)p!


七宝手作業



これには本当に驚きました。
マーカーを使って丁寧に丁寧に塗って、
はみ出たところは、これまた丁寧に丁寧にリムーバーで除去するのです。

部分的に色をつける場合も同様で、筆で丁寧に色をのせていらっしゃいました。

ひぇ~。

こんな作業をして頂いているとは、
そりゃS-81は職人さん泣かせだったことでしょう・・・



そして、また私の余計な一言

「目が悪くなりませんか?」


悪くなるそうです・・・。

ぜひHUSKY NOISEを・・。





外も暗くなってきました。

この後は、もちろん飲みに行くのですが、ちょっと時間があったので鯖江のランドマーク、めがね会館へ立ち寄り。

メガネ協会ビル


ちゃんとメガネが輝いています!
中にもメガネフレームで作られたオブジェが飾ってありました。

しかし、何より私の目を惹いたのは・・・
鯖江市民マラソンのポスターです。

なんとコースが、

「漆器コース」
「繊維コース」
「眼鏡コース」

ですと。


面白い。
でも素朴な疑問。


ナンデ「眼鏡」ガ、イチバンキョリミジカイ??





めがね会館を出て、ブックオフへ立ち寄り、
「お~い、竜馬」を物色し、
その後ソフトバンクショップを探して彷い、


そしてそしてやっと夕飯です。

デザイナーKイチ押しのお店で、新鮮なお魚と美味しいお酒を堪能。
今日伺った工場の方もご一緒してくださり、とても楽しい時間となりました。


誰も暴れてませんね、
うん、大丈夫・・・




そして店の大将もとてもおもろいおっちゃんでした♪
また遊びに行きま~す。
大将

工場ツアー | コメント(0) | トラックバック(0)

工場2件目 メタル工場

2007/04/25 Wed 10:02

lunch SOBA



昼食は朝倉遺跡にある蕎麦茶屋で冷やしぶっ掛け蕎麦。
外は雨で寒いのになぜか冷やしです・・・。

すごい勢いで掻き込んでいるのが伝わりますでしょうか。



その後はメタル工場へ。
こちらでは「SOLID BLUE」でおなじみのソフトレザーのサングラスなどを作ってもらっています。


写真は「HUSKY NOISEの」新型のモダン(耳に掛けるところのカバー)の柄のとり方を相談しているところ。

こんな大きな生地から必要な分だけ使うのです。
使い方一つで柄の出方が変わるのですね。

ふむふむ。


モダンと生地



こちらの工場では、メタル枠の製作の工程を社長自ら実演してくださいました。
勉強になります。
感謝!


工場内は古い機械がぎっしり。
どれも必要な工程様にカスタマイズしているのだそうです。
もちろん機械だけでなく、道具も。
写真は短く削ったり、先を尖らせたりしたオリジナルツールです。

カスタムツール



そして、使い込まれた機械の中に一つだけ浮いた存在を発見!


携帯の充電器・・・


思わず
「おぉ、近代的なものが!」

と口走ってしまい、デザイナーKから厳しくツッコミが。

アイ、大変失礼しました・・・。


そんな感じで退散です。


工場ツアー | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。