スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

フェラーリと鉄瓶

2008/09/16 Tue 16:08

興味深い本を読みました。

fera-rito

「フェラーリと鉄瓶」 PHP出版
著者 奥山 清行


著者の奥山さんはフェラーリをデザインするイタリアの工房でデザイナーとして活躍された方。
多分ご存知の方も多いのでは?(私は知りませんでしたが・・・)

日本の美大を出てからはフェラーリを含め海外企業で働いた経験しかないそうで、
その視点で海外(特にイタリア)と日本のブランドデザインやモノづくりの姿勢を比較され、
価値のあるモノづくりにこれから必要なものは何か、を書かれています。

特にイタリアにおける「ブランド」の地位というのは消費者の「もの」への愛着によって作られているというのは、戦後アメリカに倣って使い捨て大国になってしまった今の日本にはない感覚ではないでしょうか。

「ブランド」は、使う人々が育てる物なのだと以前何かの本で読みましたが、改めて納得します。
その長く愛される裏づけとして品質や歴史が重要なのですね。
考えさせられます。

稚拙な感想ですみませんが・・・。
中身は読みやすくて、モノづくり関係者でなくても面白い内容です。



スポンサーサイト
できごと | コメント(0) | トラックバック(1)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
誰もが知っているスーパースポーツカー、フェラーリ。4.3リッターV8エンジンを搭載し、最高出力はなんと490馬力!!F430はフェラーリのラインナップの中で最も安価・・・ですが、そこは天下のフェラーリ。一番安いモデルでも簡単に買えるような代物ではなく、F430は大体2,...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。